◆--自作解説--◆

【2017年2月24日発売】


『絆〜走れ奇跡の子馬〜』
集英社=2017年2月
島田明宏=著
本体1500円+税
購入する
テレビドラマの原作となった小説

福島県南相馬市の小さなサラブレッド生産牧場が、2011年3月11日、東日本大震災の津波に呑まれた。
奇跡的に生きていた繁殖牝馬が子馬を産んだ。
リヤンドノール(北の絆)と名づけられた子馬は、被災馬の象徴的存在として注目され、競走馬となる。
リヤンは「競馬の祭典」日本ダービーに出走する――。

私は震災後、被災馬取材で福島県の浜通りを訪ねることが多くなった。相双地区とも呼ばれるそこに被災馬が集まっているのは、世界最大級の馬の祭「相馬野馬追」に出る馬たちが飼育されているからだ。その9割以上が元競走馬である。
私は、競馬の原稿を20年以上書きつづけてきた者の責務として、被災馬リポートを記すようになった。
取材の過程で、小高郷の騎馬武者・蒔田匠馬(しょうま)君の存在を知った。毎年父の保夫さんと野馬追に出ていたが、震災の日、海辺に住まう祖父母の様子を見に行き、津波で亡くなった。20歳になったばかりだった。
短い生涯だったが、蒔田匠馬という若者が確かにいたという証を残したい、と父の保夫さん。何度か会ううちに親しくなり、毎年野馬追取材のときお宅に泊めてもらうようになった。
匠馬君を物語のなかで描きたいと思ったことが、これを書く動機となった。

匠馬君を主人公とし、被災した人々の故郷に対する思い、馬に対する愛情、相馬野馬追に向ける情熱と、競馬とを結びつけた物語を書く――という、私のすべき仕事はできたと思う。


NHK総合テレビにて、2017年3月23日、24日午後7時30分から73分の前後編で放送予定。
出演:役所広司、新垣結衣、岡田将生、勝地涼、小林薫、田中裕子ほか(敬称略)


netkeiba.comにて2012年6月4日から12月31日まで連載した「絆〜ある人馬の物語」を大幅に加筆・修正。

四六判・並製(ソフトカバー)・256ページ


HOME BACK 島田明宏Web事務所