◆--自作解説--◆

【2014年11月28日発売】


『虹の断片(かけら)』
産経新聞出版=2014年11月
島田明宏=著
本体1700円+税
購入する
競馬歴史小説。

日本初の女性騎手・斉藤すみ、初代ダービージョッキー・函館孫作、最年少ダービージョッキー・前田長吉といった、実在した騎手たちを視点人物とし、近代競馬の黎明期を支えたホースマンの生きざまを描いた。

岩手の少女、斉藤すみは、髪を短く切ってさらしを巻いて胸を押しつぶし、男装して修業した。青森から家出同然に上京した前田長吉は、史上最年少でダービーを勝った翌年、満州に出征した。函館孫作は、昭和7年の第1回日本ダービーを勝ったとき、すでに42歳になっていた。
激動の時代に翻弄されながらも夢を追い、力強く生きた騎手たちが、次代へ架けた虹とは――。

私が物書きになってから四半世紀を過ぎた。
これまで、「自分にしか書けない」「自分が書かなくてはいけない」と思うものをどれだけ書いてきたか――と考えることが多くなっていた。
「これを書くために物書きになった」と言える作品を、ようやく世に問うことができた。


伊集院静氏による帯文

この物語を読んで、
若い日、競馬に夢中になり、
競走馬に恋した自分を少し自慢したくなった。
本書は日本人の競馬史である。


 「週刊ギャロップ」2013年4月7日号〜2014年4月13日号に連載したものを大幅に加筆・修正。

四六判・上製(ハードカバー)・448ページ


HOME BACK 島田明宏Web事務所