◆--プロフィール--◆




島田明宏/しまだ・あきひろ/SHIMADA,Akihiro

作家

1964年11月2日、札幌生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科中退。
178センチ、68キロ。O型。

大学在学中、バイトの延長で始めたテレビ番組のリサーチャーを経て放送作家に。テレビ朝日の深夜番組「プレステージ」、フジテレビのニュース番組「デイトライン」、ニッポン放送の早朝番組などの構成を担当。
ほぼ同時期に雑誌「GORO」「Hot Dog Press」 などでライター業を始める。
87年秋から1年ほど「東京中日スポーツ」のレース課で仕事をする。
90年の夏から武豊騎手のアメリカ遠征に同行するようになり、「Number」「別冊宝島」「競馬の達人」「競馬塾」「ヤングマガジン」「週刊文春」「週刊アサヒ芸能」などで競馬の原稿を書くようになる。
それと並行して、男性誌や自動車専門誌でF1やWRC (世界ラリー選手権)などのモータースポーツ関係の取材記事、「週刊朝日」「DIME」「プレジデント」「週刊ポスト」などでノンフィクション、書評などを書く。
集英社「青春と読書」、日本中央競馬会「優駿」で短編小説、学研「4年の学習」で子ども向けの物語、講談社「ビーラブ・パフェ」、集英社「週刊ヤングジャンプ増刊『漫革』」などで漫画の原作を書いている。
99年から2001年までブックマン社刊「チーム田原(田原成貴厩舎)」関連書籍の総合プロデュースを担当。
読書サイトの「ブック朝日コム」でもインタビューなどを担当。
文庫解説に伊集院静『むかい風』『眺めのいい人』など。

2009年、小説「下総御料牧場の春」で第26回さきがけ文学賞選奨を受賞。
2012年、『消えた天才騎手 最年少ダービージョッキー・前田長吉の奇跡』で2011年度JRA賞馬事文化賞を受賞。

[連載・レギュラー](最終更新2017.01.31)
競馬ポータルサイト「ネット競馬」でコラム「熱視点」を連載中。
フリー月刊誌「うまレター」で競馬文化論「名馬がつなぐ物語」を連載中(一時的に「競馬史を彩る偉人たちの声」に改題)。
「Number Web」でコラム「沸騰! 日本サラブ列島」を連載中。

その他、「週刊競馬ブック」「週刊ギャロップ」「ウマジン」「スポーツ報知」などに寄稿。

2014年より「優駿エッセイ賞」選考委員。
2017年2月24日、小説『絆〜走れ奇跡の子馬〜』が集英社より発売予定。ドラマ化され、同年3月23日、24日19時30分からNHK総合テレビにて73分の前後編で放送される(出演:役所広司、新垣結衣ほか)。

親指シフトユーザー。
訳書に『きらめく瞳に会った』、著書にノンフィクション『「武豊」の瞬間』『ウオッカ物語』、競馬歴史小説『虹の断片』など(著書の内容については下の「著書一覧」を、さらに詳しいプロフィールは「年譜」を参照してください)。


著書一覧

年譜

CONTACT



HOME 島田明宏Web事務所